FX体験談募集中!

投稿された体験談はすぐに表示され、コメントも受け付けられます。

NO.12  あおいくまさん(45歳/男性)

2017-12-02 14:19:09
10万円 14万円 収益: 4万円
取引期間:3年3ヶ月

FXを始めたきっかけは、スマートフォンでFXの疑似体験ができるというアプリをダウンロードした事でした。それまで株は元より外国為替等には全く興味が無く、投資とは無縁の世界で生きて来ました。何気にチャートを見ながら売買いの予測をしてデモトレードをしていましたが、radikoのラジオnikkeiで「西山孝四郎のマーケットスクエア」を聞きいてから為替に興味を持ち、「夜トレ」の高野やすのりさんの解説を聴き比べしながら世界の情勢を確認するようになりました。丁度1年が過ぎたあたりから大きな負けが無くなり、実践にチャレンジしてみようという気持ちになって、取引銀行の系列でもあった楽天証券に口座を開設し、同時にFXの取引を始めました。投資と言うほどの所持金は持ち合わせていませんので、当面は損失が出ても痛手とならないよう、資金は10万円からスタートしています。
ネット上では色んなトレード方法が載っていて、自分にはどの手法が一番合っているのか、どの内容がやりやすいか等悩めるところでしたが、経済学の知識があるわけでもなし、経験も無し、用語などもイマイチ理解していなかったこともあり、私は単純にトレンドラインと移動平均線による売買判断でトレードを行っています。
現在の為替取引は、コンピュータによる自動取引がメインになってきていると言われています。単純にチャートを見て上下の判断と予測を行ったところで、コンピュータの相場変動予測による取引を自由自在に行われていたのでは、人間の頭で追いつくはずもありません。
私のトレード方法は、取引開始後にプラスに転校するまで「ずっと待つ」事しかしません。当然、最大限の損失を見込んだ「損切・ストップロス」はしますが、基本プラスの時点で強制決済しますので、負けは極端に少ないです。
「コツコツドカン」という言葉通り小さく数多くの勝ちを重ねても、ドカンと大きな負けがあっては終始はプラスに持っていけませんが、ドカンでマイナスにならない程度の損切が出来れば、トータルで大きく負けになる事はありません。
要するに、【欲張らない】という気持ちを持ってトレードしていれば、大きな価値は見込めなくとも大きな負けも無いため、結果としてプラスに持っていくことが可能です。
元手\100,000で月\1,000程度のプラスですので利率は1%にしかなりませんが、定期預金よりは遥かに率が高いので、十分な結果だと個人的には思っているところです。 (1) (0)

コメント一覧

この体験談に対するコメントはありません

この体験談にコメントする

お名前(ペンネーム):

コメント:
0文字